2014年08月05日

【デジモノ】ASUS MeMO PAD7 買ったった


コミケで使おうと思って7月末に頼んでいたタブレットが届きました。Nexus7(2013)と悩んでのMeMO PAD7です。(MicroSD使えるのが大きかった)
純正のケースと一緒。黄色を選んだ理由は「納期が早かったから」(赤・青は8月下旬以降お届けになっててコミケに間に合わない)、「白・黒は面白くない」の2点。
開封してみる。


上の段にドンと本体、下の段にはACアダプタとUSBケーブル、説明書、保証書他。
非常にシンプル。あと、PCリサイクル法の適応対象商品らしく、廃棄時に貼るPCリサイクルマークも付いていました。

立ち上げ画面。まず、Androidのロゴが出て、次がintelのロゴが出てくる。ASUSのロゴもちょっと違う。

今まで使っていたGALAPAGOS(EB-A71GJ)と比較。
MeMO PADの方はgoogleアカウント登録後、同期が終了した時点のものでスマホと併せて2台分のデータを持ってきたばかりで整理していない状態。
画面サイズは同じ7インチだが、枠が細い分、MeMO PADの方が一回り小さい。
厚さ方向の比較。MeMO PAD、かなり薄いです。(GALAPAGOSが厚すぎという話もあるが)

GALAPAGOSを下にして、左下基準で重ねてみた。

で、コミケの話に戻りますが、コミケカタログにAndCCVというアプリを使用しています。DVD-ROM版のデータを取り込んで使うタイプのカタログブラウザです。
(オンラインベースでもいいのだが、当日、WiMAXが死んだら何もできなくなるのが怖いのでオフラインで使えるものを使用しています)
で、MeMO PAD7はAndroid4.4.2、KitKatを使用しています。ところがこのKitKat、外部SDカードの扱いに制約があって、「アプリ側から外部SDカードの読み込みはできるのだが、書き出しができない」らしいのです。(詳しいことはググっていただくか、KitKatの開発者向け資料を探してみてください)
AndCCVは内部用データベースとチェックリストのファイルをカタログDVDから持ってきたデータとほぼ同じ場所に置くため、外部SDカードにデータを置くとKitKatの制約に引っかかり、アプリが落ちてしまいます。(作者さまからもKitKatの場合は内部ストレージにデータを置くようにと注意が出ています)

今日の所はここまで。使ってみて気がついたことがあったら備忘録兼ねて書き出していこうかと思います。

【関連する記事】
posted by ao_chan at 04:57| 東京 ☀| デジタルなモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする